ガジェット、ウィジェット、ブログパーツ何でも揃う!遊べるアイテムが盛りだくさんなガジェットギャラリー!

COLOPLOO MAGAZINE

この人を知ってたら業界通!業界人がびっくり仰天の話題の人物に スポットを当てます。

2009/06/23

10歳から22歳まで、多感な時期をスペイン、アメリカ、イギリスで過ごした"逆輸入"ピアニスト・熊本マリさん。今回は、彼女のよりプライベートな部分を覗いちゃいます!

★熊本マリのデビュー秘話

―― デビューするまでの経緯は?

熊本)

帰国したての頃は通訳のアルバイトをしながらピアノの練習をしてたんですけど、ある日、ドラマでピアノを弾くシーンがあるから出演しないかっていう話が来たんです。それが縁で、ニュース番組のエンディングでもピアノを演奏することになって。

―― いきなりテレビ出演ですか!

熊本)

そう、普通はコンサート開いたりしてデビューするものなんだけど、私の場合はちょっと違って。毎日毎日ピアノを生で弾いて、そうしているうちにCDも出すことが決まったんです。確か10枚くらいCD出してからコンサートをしていくようになったんですよね。

―― デビュー当時はどんな気持ちでした?

熊本)

嬉しかったですよ! 実は私、小さい時からず~っとテレビが大好きで、テレビに出られるなら、泥棒して捕まって(ニュースに出るの)もいいと思ってたくらい(笑)。その願いが叶ってラッキーでした。

―― テレビに出演できるならピアニストにこだわりはなかったんですか?

熊本)

うん。だって私、芸名まで作ってましたもん。「葉山マリ」って(笑)。

―― え~っ! なんで「葉山」なんですか?

熊本)

なんとなくカッコいいなと思っただけですよ(笑)。

―― 女優・葉山マリとしてもぜひ活動してくださいよ!

熊本)

やってみたいですね! フフフフ♪

★ピアニストとしての日常

―― すごくチャレンジ精神旺盛ですよね~。熊本さんの元気の源って何なんですか?

熊本)

にかく健康管理をしっかりすること。身体を冷やさず、疲れもためないように。あと、本番前はよく食べるようにしています。

―― ちなみに毎日どれくらい練習してるんですか?

熊本)

日によるんですけど、平均すると4~5時間くらいかなぁ。もっと多い時も少ない時もあるけど、練習してないと衰えていくので、やっぱり好きじゃないと続けられませんよね。

―― ピアニストとして何か苦労したことはありますか?

熊本)

手が人より小さいので、指が鍵盤に届かなくて苦労したことはありますね。でも、こんな小さい手でも、お風呂で指を引っ張ってストレッチしたり、弾き方を工夫したりしてなんとかやってきたんですよ。背が低くてもハイヒールを履いたり顔にお化粧したりするのと一緒で、工夫次第ですね。

―― あとやっぱり、他のピアニストの演奏もよく聴いたりします?

熊本)

ううん、それはあんまりないですね。何て言うか......同じ音を聴くのって疲れちゃうんですよね(笑)。ピアノは散々練習してるから、やっぱり違う音色を聴きたいと思うわけ。正直ピアノじゃない音色を聴くほうが心地いいですよね。歌舞伎とかジャズのほうがリラックスしたりするし。

★熊本マリ、ピアニストとしての夢――。

―― これからピアニストとしてやっていきたいことを教えてください!

熊本)

クラシックの楽しさをもっと広めていきたいっていうことと、世界中でもっと弾きたいってこと。それからコンサートホールだけじゃなくて、世界中の噴水の前でコンサートができたらいいなと思ってます。

―― え? どうして噴水の前なんですか??

熊本)

私、ローマの「エステ荘の噴水」に行ったことがあるんですけど、そこの噴水ってすごい綺麗なんです。だから、そんなみんなで感動できる空間を音楽でも作りたいな~っていう夢があるんですよ。あとはいろんなジャンルの楽器と共演して、音楽家としての自分を成熟させたいなと。


※エステ荘の噴水

―― 例えばどんな楽器ですか?

熊本)

チェロとかバイオリンとか、いろいろあるんですけど、今月はチェロを弾くクリスティーナっていうアメリカの女性とコンサートで共演します。 (※6月27日 デュオ・リサイタル)

―― ずばり見所は?

熊本)

必ずバッハを弾くので、ピアノとチェロが奏でるバッハの心地よさを感じてほしいですね。バッハって音楽の授業で習ったみたいに堅苦しいイメージがあるかもしれないですけど、本当はすごく楽しくて心に響くものなんですよ!

―― ピアニスト・熊本マリではなく、一人の女性として、これから目指したいことはありますか?

熊本)

う~ん、プライベートなことではやっぱり家族がほしいですね。すごいシンプルだけど、自分の家族と子供を持ちたい

―― 結婚ということですか?

熊本)

そうですね。旦那さんを含めて(笑)。お母さんにすごくなりたいんですよ! 子供を育てることをしてみたいな~と思って。

―― 公私とも、これからますます充実させていってください! 熊本さん、最後にヒトコト、クラシック初心者の方にメッセージをお願いします。

熊本)

クラシック音楽って形のないものですけど、知ってるのと知らないのとでは全然人生が違ってくると思います。素敵な旋律を聴いてると、すっごく心が豊かになると思いますよ。だから一回でも触れてみてほしいですね!

 



熊本さん、楽しいエピソードをお話いただきどうもありがとうございました!美人ピアニストが奏でる身近なクラシック――。皆さんも、これを機にクラシックの世界に一歩足を踏み入れてみてはいかがですか?

(文・写真/西 秀進)

熊本マリのShall We Dance?

ダンスをテーマにした名曲の数々を熊本マリさん自身が選曲した珠玉のコンピレーション・アルバム。「楽しいリズムや素敵なメロディーを耳にすると自然に身体が動き始めて心も解放されますよ」とのこと。クラシックビギナーの皆さんにもオススメです!



熊本マリ ピアノ・リサイタル 「バッハ~モンポウ 魅惑の夜」

日時:2009年10月8日(木)19:00開演(18:30開場)
会場:東京文化会館小ホール
チケット料金:4,500円(全席指定・税込)
お問合せ先:ムジカキアラ 03-5739-1739
プログラム:
バッハ/主よ人の望みの喜びよ
イタリア協奏曲
モンポウ/エキスポの思い出
魅惑 ほか


プロフィール

熊本マリ
東京生まれ。10歳で家族と共にスペインへ移り住み、マドリード、ニューヨーク、ロンドンで音楽を学ぶ。英国王立音楽院より功績のある卒業生にのみ与えられる資格ARAMを贈られるなど数々の賞に輝き、2008年には大阪芸術大学の教授に就任。日本を代表するピアニストとして世界各国で活躍中!

前の記事を見る


PUWER PUSH

CONTENTS

有名人のへそ

NEXT

福井仁美 ブランチリポーターとして活動中!

[ アイドル ]
「王様のブランチ」でブランチリポーターとして

若手俳優・佑太君がカラプルマガジンに初登場!

[ スペシャル ]
この夏、出演する舞台「新宿ミッドナイトベイ

ラテンでパンクな、パフォーマンスユニット!

[ ミュージシャン ]
ラテンでパンクな、パフォーマンスユニット「T
もっと見る

PAGETOP